モチベーションの維持について1
スポンサーリンク

どうもこんにちはScracth備忘録のトマト祭りです!

今回はモチベーションの維持について詳しく書いていきたいと思います。

この前の記事でもちょろっと触れましたが…

それに加えていくつか紹介していきたいと思います。

目標を具体化する

ただ単に毎日練習しているだけではモチベーションを保つことは難しいと思います。

そこで何か目標をもつことで

「やらなきゃいけない」、「こうしたい」

という意欲が湧いてきます。

具体的な例としてDJの大会に出場することを目標にするのが手っ取り早い気がします。

有名な所ですとDMC、IDA、Redbull 3style、最近ですとGRIND DJ BATTLEやNo Tricksなど

DJの大会は少ないですけどあります。どれも勝つのは難しい。

という大きな目標を持ちつつ小さな目標も持った方が良いです。

一年に一回しかない大会だけを目標にしていると

結構だらけるパターンも多いです(まぁ僕のことなんですけどね)

「まだ時間がある」、「今日はいいや」

 

いやいや…

 

「今日を頑張った者、今日を頑張り始めた者にのみ明日が来る」

 

って大槻班長が言ってたもん!

前DJ Ta-Shiさんが言ってましたが「今日はこの技出来るまで寝ない」とか

結構根性が必要ですけどそういう小さな積み重ねなんじゃないかなって思います。

DJ教室に入るのは…

こういうのもモチベーションが上がる要素にもなりえるんですが

ちょっと注意点がありまして…

優しい先生だと練習しなくても怒られないからだらけてしまうことがある。

(僕はDJ教室に入るのをオススメしてる派ですけどね)

なんだかんだ厳しい先生の方が伸び率は良い(体感)

アクティブラーニングという言葉がありますが

アクティブラーニングとは
学習者が主体となって能動的に学習活動を行う学習方法のこと

つまり自分から考えて行動(練習)しよう的な(え、合ってる?)

そういうことが大切だということです!(無理やりまとめた感)

ライバルを作る

ポケモンでいうグリーンのことです。

(僕はレッドバージョン買ったので)

僕にもかつてライバルがたくさんいたんですが

今はほとんど残ってないっていう…

なんやかんや辞めてしまったり、色々事情があるのでしょうがないことなんですけどね!

今、共に練習したり、励まし合える環境がある方はすごく大事にして欲しいと思います。

そういう環境が無い方は大変だと思いますがDJ教室に入ったり

イベントに顔を出して仲間を募ると良いですかね。

人で刺激を得られる

現場に行ったり人と練習すると何かしら刺激を受けます。

それが意欲、関心に繋がると僕は思ってます。

なんだよその技!!教えてよ!!みたいな新しい発見があったり

何今の繋ぎかっこいい!!などなど

上手い人の動画をひたすら漁るのもいいですね!

 

まだまだ色々あると思いますが今回はここまでということで…

 

それではまた!!

 

 

おすすめの記事